最終審査結果発表!「未来プリンター」(芝浦工業大学附属中学高等学校)が、見事、最優秀賞/文部科学大臣賞を受賞!

25回全国中学高校Webコンテスト(主催:特定非営利活動法人学校インターネット教育推進協会、理事長:永野和男 聖心女子大学 名誉教授)の最終審査結果が決定し、218日に開催した授賞式においてその発表が行われました。

昨年5月より募集を開始した当コンテストには、 全国から225チームが応募し、3段階による審査の結果、16チームがファイナリストとして選ばれました。

最終的な順位は、ファイナリスト各チームによるプレゼンテーションの後、最終選考会にて決定し、続いて行われた授賞式にて発表されました。

プレゼンテーションを含む総合的な審査の結果、芝浦工業大学附属中学高等学校の電子技術研究部に所属する東島 凛久さん、谷本 龍心さん、目黒 敬久さん、大樂 悠太郎さんの4人が制作した作品「未来プリンター」が最優秀賞/文部科学大臣賞に輝きました。

この作品は、高校生と中学生の4名で結成されたチームが、「頭の中での想像を形にしたい」という思いと、それを実現できる3Dプリンターに着目し、実際に部に機械が導入されたことをきっかけに、その活用例、仕組み、種類、企業への取材や見学の記録、自分たちの研究記録をまとめ、初学者にも利用できるようにと制作したWeb教材です。

最終審査員からは「3Dプリンターについて、開発の歴史、現状における課題や種類、様々な場面での活用方法など網羅的な観点から解説し、かつ実際に3Dプリンターを使った実践体験も紹介しており、非常に示唆に富むコンテンツとなっています。また、独自のアニメーションや豊富な写真を効果的に駆使して、センス良くWebサイト全体を構成しており、楽しく深く学ぶことができる卓越したWeb教材です。」と高い評価を受けました。

総務大臣賞には、ブロックチェーンの技術を段階的に学べる作品「ブロックチェーン入門」(神奈川大学附属高等学校)が、また経済産業大臣賞には、マグロを手本とし、食文化と生物資源の維持について学べる「マグロの学校」(芝浦工業大学柏高等学校)が選ばれました。

また、ベストドメインネーミング賞(JPRS特別賞)には「fastest-delivery.jp」「最速配送.jp」をつけた作品「商品配送はなぜこんなに早い」が選ばれました。

また、「ベストCM動画NeuroAI賞」(協賛:株式会社NTTデータ)には「知ろう・減らそう・食品ロス」が人工知能システム「NeuroAI」によって選出されました。


受賞結果一覧は以下のURLからご覧ください。
https://webcon.japias.jp/25tqj-judgeresult3.html

※なお、本コンテストの過去のファイナリスト(OBOG会)が企画した「オーディエンス賞」(ファイナリスト同士によるよかったプレゼンへの投票)には、中学生の部では「Stress Pitfall ~ストレス社会の落とし穴~」が、高校生の部では「未来プリンター」が選ばれました。

未来プリンター












このブログの人気の投稿

最終審査結果発表!「海水淡水化完遂計画」(芝浦工業大学柏高等学校)が、見事、最優秀賞/文部科学大臣賞を受賞!

トップ50およびセミファイナリストの発表